神奈川県内の過去のニュース記事を集めたブログです。
    神奈川県内で過去にどんな事件・事故、
    または出来事やイベントが起きたのかなどを、
    簡単に検索することができる便利なブログです。

2010年05月31日

三浦一族の興亡をしのぶ「道寸祭り」で妙技に歓声

道寸祭り
 三浦半島一帯を拠点とした中世の武家、三浦一族の興亡をしのぶ「道寸祭り」が30日、三浦市三崎町小網代の荒井浜海岸で開かれた。馬上から的を射抜く勇壮な笠懸(かさがけ)が披露され、詰め掛けた観衆を魅了した。

 市や市観光協会などでつくる実行委員会の主催。笠懸は平安時代末期から鎌倉、室町時代にかけて流行した流鏑馬(やぶさめ)や犬追物(いぬおうもの)と並ぶ三大古弓馬術の一つで、武術に優れた三浦一族の“お家芸”だったという。

 狩り装束に身を包んだ武田流一門の射手たちが馬にまたがり、波打ち際に設けられた弓なりの馬場約200メートルを疾走。射手の放った矢が的をとらえるたびに「パン」という乾いた音が砂浜に響き、見物人からは歓声と拍手がわき起こった。
posted by ちーず。 at 15:04 | TrackBack(0) | 三浦市

2010年05月30日

京急主力車両「1000形」の引退イベントに県内外からファン

京浜急行電鉄1000形
 赤い車体に白い帯の入った姿で長年親しまれてきた、京浜急行電鉄の通勤型車両「1000形」の引退イベントが30日、横須賀市舟倉の車両工場「京急ファインテック久里浜事業所」で行われた。本年度内での引退が決まっている”京急の顔”を一目見ようと、多くの鉄道ファンが県内外から駆け付けた。

 毎年恒例の工場開放と同時開催。1000形は1959年に登場し、78年まで京急で最多となる356両が製造されたかつての主力車両。老朽化のため、2007年から省エネ型の「新1000形」との入れ替えが進められており、現在は大師線(京急川崎―小島新田)での運行が主流になっている。

 多くの鉄道ファンの熱気に包まれたセレモニーでは「ありがとう1000形」とデザインされたオリジナルヘッドマークを現役最後の1000形1編成に取り付けたほか、運転に長年携わった元運転士らによるトークショーも行われた。

 熱心にシャッターを切っていた、埼玉県加須市の会社員(35)は「小さいころに買った鉄道の本の最初に載っていた車両。もうすぐ見られなくなるのは寂しいです」と感慨深げに話していた。
posted by ちーず。 at 23:40 | TrackBack(0) | 横須賀市

「山駕籠」など運ぶための民具を展示

箱根町立郷土資料館
 箱根町立郷土資料館(同町湯本)で、企画展「『運ぶ』ための民具たち」が開かれている。明治、大正時代に人力で荷物を運ぶために生まれた道具を展示する。7月4日まで。

 箱根では明治時代に車道の整備が始まり、昭和中ごろに交通網が発達した。荷物の運搬を電力に頼る以前、天下の険で活躍した民具約15点が並ぶ。

 竹で編んだ人を乗せる円形の座席の上に網代の屋根を掛けた「山駕籠(かご)」は、昭和10年代まで活躍した。2人一組で棒を通して担ぎ、主に大涌谷への観光客を乗せていた。

 外国人客が訪れるようになった明治中ごろに登場したのが「チェア」だ。人を乗せるいすを2本の棒で支え、4〜6人で担いだ。あぐらをかく習慣のない外国人のために山駕籠が改良されたという。

 午前9時〜午後4時半。高校生以上200円、小中学生100円。問い合わせは、同資料館電話0460(85)7601。
posted by ちーず。 at 23:39 | TrackBack(0) | 箱根町

親子で訪ねる横浜大空襲地域の傷跡や体験者の声まとめHPに

横浜大空襲
 横浜市心部に甚大な被害をもたらした横浜大空襲から29日で65年。体験者の高齢化が進む中、これからは戦後生まれの若い住民が地域の戦災を語り継ごうと、同市保土ケ谷区の会社員西田篤志さん(46)が、空襲の傷跡や体験者の声をホームページ(HP)にまとめた。娘の宿題を機に地元の戦災を調べ始めたという西田さん。HPには「親子で訪ねる横浜大空襲」とタイトルを掲げ、「家族で平和の貴さを考えるきっかけにしてほしい」と話している。

 西田さんが横浜大空襲について詳しく知ったのは7年前。小学6年だった次女の梓さん(19)が、夏休みの課題で地域の歴史を調べていたのがきっかけだ。西田さんが一時暮らしていた同市西区東ケ丘付近は、横浜大空襲で大きな被害を受けていたが、「住んでいたのに何も知らなかった。本当に恥ずかしく思った」と振り返る。

 以来、空襲被害の大きかった京急線黄金町駅周辺を歩き始めた。霞ケ丘丘友会館の観音像、東光寺の身代わり地蔵は、空襲で亡くなった人を慰霊するために建立されたものだ。遺体の仮安置所だった円覚寺には引き取り手のない遺体の慰霊碑もある。地元の高齢者らから体験談も聞いた。空襲に関連する事物を訪ねて、梓さんと歩いたコースは、HPで紹介している。

 普門院にも周辺の被災者を供養する黄金地蔵が残る。割れた石碑も空襲で焼けたもので、「この石碑を見ると、石が割れるほどの熱の中で、多くの人が苦しみながら亡くなったのだと実感する」と西田さん。空襲で父を失った森芳圓住職(68)も「戦争の恐ろしさを風化させないように、若い人にも語り継いでいってもらいたい」と西田さんの取り組みに期待を寄せる。

 HPでは、横浜大空襲の経緯を、祖母と孫の会話のスタイルで紹介したり、顔のイラストを並べて死亡者数を表現したりと、小・中学生にも分かりやすいよう工夫した。「身近なところに今も戦争の傷跡は残っている。子どもと一緒に訪れて、戦争の悲惨さを伝えてほしい」と西田さんは話している。HPのアドレスはhttp://otomodachi.net
posted by ちーず。 at 23:36 | TrackBack(0) | 横浜市

「第1工場ファサード」の行く末は?歴史的建造物に存続の声強く

第1工場ファサード
 本社・横浜工場売却で注目を集めているのが、敷地内の正門入り口にある「第1工場ファサード」の行く末だ。1930年に完成。横浜市が99年度、京浜臨海部では初めての歴史的建造物として認定している。

 第1工場は当時東洋一と呼ばれた蓄音機の製造工場で、経済産業省の近代化産業遺産にもなっている。工場建築としては珍しく記念碑のようなデザインが特徴。ビクターのシンボルとなっている犬(ニッパー)が蓄音機に耳を傾けるおなじみの図柄も彫り込まれている。

 機能本位の建物が並ぶ地域でクラシックな外観は地域の象徴的な存在になっており、存続を求める声が強い。市産業立地調整課は「移転せずに現在の場所にとどまってほしいと思っていたが、残念」。何らかの形で存続できるようビクターに要望しているという。

 JVC・ケンウッドは「市の要望もあるので、売却先とはこれから話し合いたい」としている。
posted by ちーず。 at 23:35 | TrackBack(0) | 横浜市

曽我兄弟の仇討ち伝える「曽我の傘焼まつり」

曽我の傘焼まつり
 曽我兄弟の仇(あだ)討ちを今に伝える「曽我の傘焼(かさやき)まつり」が28日、兄弟の菩提(ぼだい)寺の城前寺(小田原市曽我谷津)で催された。

 鎌倉時代の1193(建久4)年、十郎と五郎の兄弟が父を仇討ちした際、傘を燃やして松明(たいまつ)代わりにした、という故事にちなむ。

 兄弟に扮(ふん)した幼子2人が、幾重にも重ねられた和傘に火を放つと一気に燃え上がり、法要に訪れた歌舞伎役者の市川右近さんや大相撲の高見盛関らが見守った。
posted by ちーず。 at 23:33 | TrackBack(0) | 小田原市

大漁旗の手作り法被旭小6年生が29日の運動会で披露

三浦市立旭小学校
 三浦市立旭小学校(南下浦町上宮田)の6年生17人が、運動会で使う手作りの法被を完成させた。漁師町ならではの大漁旗で5年ぶりに新調した2代目の法被。29日の本番では真新しい衣装をまとい、よさこいソーラン節や組体操を演じる。

 同校では5年前、各家庭から寄贈された大漁旗を使って児童たちが約60着の法被を製作した。しかし、年月がたって色あせてきたことから、自分たちで新しい法被を作ることになったという。

 3月から、家庭科の時間などを活用。校内に残っていた大漁旗を使い、背中に「祝」「漁」などの文字が躍るカラフルで勇壮な法被が出来上がった。

 28日には新しい法被を着て5年生と合同練習に励み最後の確認。練習を終え、鈴木丞さん(12)は「法被作りはバラバラのパーツをつなぎ合わせるのに苦労した。お客さんを感動させるような踊りや体操を披露したい」と張り切っていた。
posted by ちーず。 at 23:31 | TrackBack(0) | 三浦市

川崎大師で薪能能や狂言を楽しむ

川崎大師平間寺
 川崎市川崎区の川崎大師平間寺で27日夜、「第37回川崎大師薪(たきぎ)能(のう)」が開かれ、約550人が能や狂言を楽しんだ。

 市能楽謡曲連合会の主催。境内の特設舞台で行われる予定だったが、あいにくの雨で会場が信徒会館内に変更された。

 能は、平家一門が都落ちし、将来を案じて入水した平清経と妻にまつわる世阿弥の作品「清経」が演じられた。このほか、狂言「仏師」なども披露され、観客は幽玄な雰囲気に酔いしれた。
posted by ちーず。 at 23:30 | TrackBack(0) | 川崎市

2010年05月29日

ベイブリッジくぐれず「QM2」の2011年寄港地は大阪港に横浜港では見納めの可能性

クイーン・メリー2
 世界最大級の豪華客船「クイーン・メリー2」(QM2)が、2011年の日本寄港地を横浜港から大阪港に変更することが27日、分かった。横浜には日本初寄港の09年から2年連続で寄港したが、横浜ベイブリッジをくぐれず貨物船専用岸壁に誘導したため、乗客から不満が出ていたという。

 運航するキュナード・ラインが同日までに横浜市に伝えた。今後の解決策も見当たらず、横浜港では今年2月の寄港が見納めになる可能性が出てきた。

 QM2は日本に寄港する客船では過去最大の15万1400トン。「洋上の宮殿」と称される。世界一周クルーズの日本寄港地として大阪、長崎、神戸港などが積極的に誘致している。

 横浜市は09年の横浜開港150周年の目玉として、日本初寄港の誘致に成功。しかし海面からの高さが62メートルあり、かつての豪華客船「クイーン・エリザベス2」(QE2)を想定して造られたベイブリッジ(橋下約55メートル)を通過できず、大さん橋国際客船ターミナルへの着岸を断念。大黒ふ頭に着岸した。

 臨時の客船施設が設けられたが、乗客がつまずき転倒するトラブルもあったという。キュナード・ライン側は「乗客に不便を掛けており、横浜市に改善を求めてきた」(日本代理店クルーズバケーション)が、解決策が見いだせなかった。

 横浜市港湾局賑(にぎ)わい振興課は「限られた予算の中でベストを尽くした。大さん橋に着岸する客船の誘致に引き続き力を入れたい」と話している。
posted by ちーず。 at 16:06 | TrackBack(0) | 横浜市

幻の「ヒマラヤの青いケシ」ブルーポピー箱根湿生花園で見ごろ

箱根湿生花園
 「ヒマラヤの青いケシ」と呼ばれるブルーポピーが、箱根湿生花園(箱根町仙石原)で見ごろを迎えた。

 ヒマラヤ周辺の寒冷地で約45種が確認されている。1913年に英国の探検家が発見し、「幻の花」として広まった。

 標高3千〜4千メートルの高地に自生するメコノプシス・グランディスとメコノプシス・ベトニキフォリアの2種計約200株が咲く。今月中旬に開花した。

 夏日が続くと枯れる繊細な花だ。初夏の空のように青く澄んだ「幻」は、6月初めまで見られそう。

 午前9時〜午後5時。問い合わせは、同園電話0460(84)7293。
posted by ちーず。 at 16:03 | TrackBack(0) | 箱根町