神奈川県内の過去のニュース記事を集めたブログです。
    神奈川県内で過去にどんな事件・事故、
    または出来事やイベントが起きたのかなどを、
    簡単に検索することができる便利なブログです。

2010年04月30日

澤田美喜さんの「遺志」後世に母屋保存へエリザベス・サンダースホームOBら

澤田美喜
 「ママちゃま」へのささやかな恩返しを―。戦後に駐留した米兵と日本人の間に生まれ、捨てられるなどした孤児を大磯町の広大な敷地に引き取り、約2千人を育てた澤田美喜さん(故人)が暮らした母屋を保存する活動が始まっている。孤児院「エリザベス・サンダースホーム」を巣立ち、たくましく社会で生きてきたOBたちが力を合わせ、澤田さんの遺志を伝える「象徴」として後世に残していく。

 澤田さんは三菱財閥の創設者、岩崎弥太郎の孫娘。外交官の澤田廉三氏と結婚し、国際舞台で幅広い人脈を培った。敬虔(けいけん)なクリスチャンでもあり、「占領下の落とし子」ともいわれた孤児の育成に使命感を抱き、生涯情熱を注いだ。1948年、大磯駅前の愛宕山の敷地(約3・5ヘクタール)に私財を投じエリザベス・サンダースホームを設立。幼稚園と小・中学校の聖ステパノ学園もつくり、孤児たちに教育を授けた。

 「16年間過ごしたホームはわが家。ママちゃまは母親同然。建物や、駆け回った庭や木の一本一本にも愛着がある。ここが帰るふるさと」。埼玉県で車整備工場を営むOB会会長の森博さん(54)は懐かしそうに話す。

 母屋は、関東大震災(23年)の直後に建て替えられた別荘の一部。風格ある平屋の木造和風住宅は、敷地内に唯一残る岩崎家ゆかりの建造物だ。最近はOB会の事務局として定期的に使われ始めたものの、それまで人の手がほとんど入らず老朽化が進んでいる。

 保存機運の高まりは昨年3月の吉田茂元首相邸(同町)の火災がきっかけ。「なんとかしなければ」との思いが強まり、OB有志が何度か応急処置を施してきた。しかし、本格的に修繕するには、宮大工の見積もりで少なくとも300万円はかかるという。

 「下を向くな。胸を張って堂々と生きなさい」。いわれなき差別にさらされた孤児たちを厳しくしつけ、自立を見守ってきた澤田さん。5月に没後30年を迎える。OBや当時の保母たち約60人は「母の日」に合わせて、再び思い出の地に集う。

 「ホームの原点である建物を守り、その歴史やママちゃまのボランティア精神を語り継いでいきたい」。森さんは強く願っている。

 ◇澤田美喜没後30年の集い 5月9日午前11時から敷地に立つ「海の見えるホール」で「澤田美喜没後30年の集い」が開かれる。一般参加も受け付け、母屋の見学も予定している。参加費500円(修繕基金用)。先着200人。問い合わせは、OB会電話0463(62)1088。

 ◆エリザベス・サンダースホーム 太平洋戦争後の財閥解体で、政府に物納されていた土地建物を買い戻して開いた。施設名は澤田さんが広く寄付を募った際、協力した英国人女性の名に由来する。孤児の多くは日本よりも偏見の少ない米国に養子として送り出された。現在、小中一貫校の聖ステパノ学園には一般家庭の児童生徒が多く通学するなど役割は大きく変わっている。
posted by ちーず。 at 20:54 | TrackBack(0) | 大磯町

フットサル「キャプテン翼スタジアム」誕生へ

 横浜・みなとみらい21(MM21)地区に隣接する横浜市中区の北仲通北地区に、海を望むフットサルコートが6月2日誕生する。再開発が本格的に始まるまでの暫定施設。サッカー雑誌専門の出版社が初めて運営を手掛ける。施設名は人気サッカー漫画にちなみ「キャプテン翼スタジアム」になる。

キャプテン翼スタジアム

 計画地は北仲通北地区の一画(約6千平方メートル)で、不動産開発・賃貸の森ビル所有地。不動産市況の低迷を受け再開発の着工を先送りしている。空き地や駐車場などにしておくより「地域のにぎわいを生み出す」(森ビル広報部)ために集客力の高い施設を設けることにした。契約期間は3年だが、着工が決まれば途中解約もあるという。

 縦30メートル、横16メートルのコートを3面設ける。7〜8人制サッカーやテニス、ラクロスなどにも使えるようにする。更衣室やシャワー室などを備えたクラブハウスのほか、カフェやビアガーデンも併設。「キャプテン翼」の作者高橋陽一氏と協力し、関連グッズなども展示する。

 多目的イベントスペースも設け、サッカー中継を放映するパブリックビューイングの実施も検討している。

 施設を運営する出版社「フロムワン」(東京都中央区八丁堀)は「新しいビジネス展開が欠かせない。サッカー業界で13年やってきたノウハウを最大限生かしたい」(事業開発本部)と話している。年間25万人の来場を見込んでおり、成功すれば都心部の空き地活用方法としてビジネス展開するという。

 フットサルコートの利用料金はビジターの場合、1面1時間で1万〜1万4千円。5月10日から予約を受け付ける。
posted by ちーず。 at 14:04 | TrackBack(0) | 横浜市

半世紀ぶりの潮干狩り解禁「かわさきの浜」にぎわう

東扇島東公園 川崎臨海部にある東扇島東公園の人工海浜「かわさきの浜」で29日、潮干狩りが始まった。かつては遠浅の砂地が広がりアサリ漁が盛んだった川崎の海。戦後の高度経済成長とともに姿を消したが、市民の声を受けて半世紀ぶりに復活した。初日は多くの家族連れでにぎわった。

 青空の下、海岸は待ちに待った市民で埋め尽くされた。川崎区の斉藤信さん(73)は「1時間でバケツいっぱいになった。友達と分けて、おいしくいただきます」と手にした、たくさんのアサリを見せた。同区の岡倖吉君(4)は「おみそ汁にして食べる」とにっこり。幸区の会社員太田大助さん(35)は「浅瀬で波も高くないので子ども連れでも楽しめる」とうれしそうに話した。

 市港湾局によると、砂浜は長さ約180メートル、幅約50メートル。これから夏にかけてが最盛期という。人工海浜のため、ルールとして(1)2センチ以下の貝類の持ち帰り禁止(2)幅15センチ以上の器具の使用禁止(3)採取量は1人当たり2キロ未満―の3点を掲げている。

 「かわさきの浜」は入場無料。JR川崎駅東口から市バス東扇島循環で「東扇島東公園前」下車、徒歩1分。問い合わせは、川崎港管理センター港営課電話044(287)6034。
posted by ちーず。 at 14:01 | TrackBack(0) | 川崎市

2010年04月29日

半世紀ぶりの「神輿渡業」復活…保存会の情熱実る

菅原神社 五十数年ぶりの威風堂々―。小田原市国府津の菅原神社(近藤光孝宮司)で29日、神輿(みこし)渡業が催された。担ぎ手不足や交通量の増加などから戦後間もなく途絶え、担ぎ手の記憶すら残されていないものの、市内のみこし保存会の「担いでみたい」という情熱が“復活”を後押しした。

 神輿は1931(昭和6)年製。高さ4メートル、幅3メートル、重さ2・3トン。屋根に重さ60キロの鳳凰(ほうおう)が乗る。「先代は海に流されてしまったので、より大きな神輿を造ったんだよ」。同神社役員の釼持廣次さん(86)は説明した。

 菅原道真公を祭る同神社の神輿渡業は、道真公の誕生日(4月25日)に催す例大祭。その御霊(みたま)を神輿に移して町を練り歩き、加護を願う伝統行事だ。

 かつては国道1号から海岸を経て、現在のJR国府津駅近くまでを往復した。戦後は台車に載せ、牛に引かせた年もあったが間もなく途絶えた。「神輿を担げる氏子が減ったし、国道1号の交通量が急増したからね」。もう一人の役員、古谷幸雄さん(86)は振り返った。

 2人とも担いだ経験はない。しかし、白装束の担ぎ手が神輿を何重にも取り巻く様は今でも覚えている。「最低60人いないと担げない。交代を含めると200人は必要だ」。2人は目を合わせてうなずいた。「勇ましくもむのではなく、本来は静々と巡行する」

 元日に必ず神輿を収めた倉庫の扉を開けることから、みこし保存会メンバーが「担がせて」と要望を重ねていた。

 この日は、約220人が同神社に集まり、法被姿で神輿を担ぎ出し、神社横の市道約150メートルを往復した。「こんな立派な神輿があったなんて」と沿道の住民。半世紀余を経て現れた伝統に感慨深げな様子だった。
posted by ちーず。 at 23:05 | TrackBack(0) | 小田原市

相模湖の大自然を満喫やまなみ祭が開催

相模湖やまなみ祭 豊かな自然と人々のふれあいをテーマにした相模湖やまなみ祭が29日、相模原市緑区与瀬の県立相模湖公園などで行われた。相模湖観光協会や相模湖町商工会などでつくる実行委員会の主催で13回目。約7500人が来場し、湖畔の大自然を満喫していた。

 公園内の特設ステージでは、地元サークルによるダンスなどが披露された。相模湖自然公園ふるさとの森キャンプ場では、里山の保全に取り組む市民団体「ツリーハガーズインターナショナル」が木登り体験を実施。挑戦者は、高さ約15メートルのクヌギの木に専用のロープを掛けて一生懸命登っていた。

 このほか、屋外でオーブンを使ったカップケーキ作りが人気を集めた。牛乳や卵、ホットケーキミックスなどを混ぜて焼いたケーキを、参加者はおいしそうにほお張っていた。

 同市中央区に住む市立陽光台小6年佐藤玄武君(11)は家族と訪れて木登りなどに挑戦。「近所に自然は少ないので、自然の中で遊べて楽しかった」などと話していた。
posted by ちーず。 at 23:03 | TrackBack(0) | 相模原市

こどもの森に広葉樹苗木を植え付け、親子連れら150人参加

小田原こどもの森公園わんぱくらんど 小田原こどもの森公園わんぱくらんど(小田原市久野)で29日、来園者ら約150人が広葉樹の苗木の植え付けに汗を流した。

 わんぱくらんどは、第61回全国植樹祭(5月23日に秦野市、南足柄市で開催)のサテライト会場の一つで、広葉樹の植栽は同植樹祭の関連イベント。

 この日は、家族連れらと一緒に松沢成文知事と加藤憲一市長も植栽活動に参加した。松沢知事は「50年後の子どもたちのために水源の森をはぐくんでいきたい」、加藤市長は突然の雨に「生命を豊かにするには雨も欠かせません」などとあいさつした。

 クヌギやコナラ、イロハモミジなど12種類千本の苗木が植栽されたのは、わんぱくらんど内にあるどんぐりの森の斜面で、面積は約1500平方メートル。

 市環境緑化協会メンバーから植栽の手ほどきを受けた後、子どもたちはそれぞれスコップで斜面に穴を掘って苗木を入れ、土を盛っては一生懸命に踏み固めていた。
posted by ちーず。 at 23:01 | TrackBack(0) | 小田原市

貝よりも人が多い?潮干狩りに2万人超える客

海の公園 人、人、人。横浜市金沢区の海の公園は29日、潮干狩り客でにぎわった=写真(本社チャーターヘリから、午前10時42分撮影)。大潮で午前11時すぎに干潮となり、潮干狩りには最適の条件がそろった。風が強く吹き小雨が降ったが、人出は2万5千人を数えた。

 管理する市臨海環境保全事業団は「横浜市の条例でアサリは一人2キロまで、2センチ以下の採取を禁止しているのでマナーを守って楽しんでほしい。そして電車での来園を」と呼び掛けている。
posted by ちーず。 at 22:59 | TrackBack(0) | 横浜市

人工海浜での潮干狩り開園3年目で解禁へ

233.jpg 開園3年目を迎える川崎臨海部の東扇島東公園の人工海浜「かわさきの浜」=地図=で、ようやく潮干狩りが解禁になる。昨春に解禁される見込みだったが、貝類が順調に成長しなかったため、成育保護の観点から1年“先送り”されていた。初解禁の29日には式典が開かれ、カレイの稚魚放流などが行われる。

 市港湾局によると、貝は2センチ以上に成長し、3センチ近い大ぶりのものもある。春から夏にかけて潮干狩りが楽しめるという。ルールとして(1)2センチ以下の貝類の持ち帰り禁止(2)幅15センチ以上の器具の使用禁止(3)採取量は1人当たり2キロ未満―の3点を掲げている。

 砂浜は長さ約180メートル、幅約50メートル。海浜では市内唯一の潮干狩りスポットで、京浜工業地帯の工場群や羽田空港を離着陸する航空機を間近に見ることができ、都心からも近いことから人気を呼びそうだ。同局は「市民の憩いの場として、多くの人たちに楽しんでもらいたい」と話している。

 同公園は2008年4月にオープン。バーベキュー場やドッグラン、多目的広場などが整備され、首都圏で大災害が起きたときには国の基幹的防災拠点となる。市民の要望を受け、砂浜も整備。翌年から潮干狩りができると見込まれていた。

 入場無料。駐車場はあるが、混雑が予想されるため、市は公共機関の利用を呼び掛けている。問い合わせは川崎港管理センター港営課、電話044(287)6034。
posted by ちーず。 at 14:25 | TrackBack(0) | 川崎市

小さな花咲かせヤマブキソウ見ごろ

232.jpg 大和市上草柳の「泉の森」にある山野草園で、小さな黄色の花を咲かせるヤマブキソウが満開になり、訪れる人の目を楽しませている。

 新緑が鮮やかに映える園内。メジロやシジュウカラのさえずる中、ヤマブキソウが群生して一斉に花を咲かせている。このほか、ふんわりとした白い花びらが特徴のヤマシャクヤクの花も見られ、アマチュアカメラマンらの目を引いている。

 泉の森を管理する自然観察センター「しらかしのいえ」によると、ヤマブキソウは、今月いっぱい見ごろだという。

 泉の森は、相鉄線相模大塚駅北口から徒歩約15分。問い合わせは、しらかしのいえ電話046(264)6633。
posted by ちーず。 at 14:24 | TrackBack(0) | 大和市

湘南祭でビーサン飛ばしやガールコンテスト一足早い夏満喫

231.jpg 一足早く湘南の夏を楽しむ「湘南祭」が24、25の両日、茅ケ崎市のサザンビーチちがさきとビーチ北側特設会場で開かれた。最終日は夏を思わせる陽気に恵まれ、会場は多くの家族連れでごった返した。

 サザンビーチちがさきでは、ビーチサンダル飛ばしやビーチサッカー大会、湘南ガールコンテストなど、会場のあちらこちらで多種多様なイベントが催された。ビーチサンダル飛ばしでは、誰よりも遠くに飛ばそうと、子どもだけでなく大人も奮闘。勢いあまってサンダルが真上に上がると、観客らから笑いが起きていた。

 一方、ビーチ北側特設会場にオープンした「茅ケ崎アロハマーケット」では、アロハシャツやジュエリーなどハワイに関連する商品を販売。ロコモコなどハワイ料理の出店も並び、長い行列ができた。

 湘南祭は茅ケ崎商工会議所などでつくる実行委員会の主催で、今年で17回目。
posted by ちーず。 at 14:21 | TrackBack(0) | 茅ヶ崎市

伝統の打瀬舟が復活へ「東京湾再生のシンボルに」

230.jpg 東京湾で昭和40年代まで見られた「打瀬舟(うたせぶね)」をよみがえらせる計画の実現が近づいている。「東京湾に打瀬舟を復活させる協議会」が、熊本県芦北町に現存する打瀬舟を購入。6月中に東京湾に入港させる。同協議会会員で、現地から操船してくるNPO法人・海辺つくり研究会(横浜市西区)の木村尚さん(53)は、「湾の再生のシンボルにしたい」と意気込む。

■姿を消した伝統漁

 風に帆を膨らませ、海面をたゆたう。横向きに進む独特の底引き漁は、東京湾の豊穣(ほうじょう)の象徴だった。子安や金沢、本牧などに浮かんだ打瀬舟は「ハマの海」の原風景でもあった。

 優雅に浮かぶ舟はしかし、時代の波にのまれた。

 昭和30年代からの高度経済成長期。発展の中心を縁取る東京湾は埋め立てが進み、漁場は荒れた。漁師は舟を手放し、陸に上がった。船、漁法の近代化も進んだ。昭和40年代には、打瀬舟は湾から姿を消した。

 「そのころは、海が一番汚れていた時代」。同研究会の木村尚さんはそう話す。

 横浜市港北区で育った。東海大海洋学部を卒業後、環境コンサルタント会社を設立。主に開発調査にかかわり、海が荒(すさ)んでいくさまをつぶさに見てきた。「思いとは裏腹に、開発の免罪符を与えるような仕事でした」

 にび色に濁る故郷の海。「人々の意識が海から遠ざかり、海辺の文化や生活が失われていく。環境が壊れるというのは、こういうことか」。2001年。会社を辞め、海辺つくり研究会をつくった。

■再生へ歩み始め

 会は魚の揺りかごと称される海草・アマモ場づくりなどを通し、海の再生に尽力している。金沢八景の野島周辺で5メートル四方から始まったアマモ場は、約2千倍に広がった。

 「アオリイカも卵を産みにくるなど、かつての海の姿が戻ってきている」と話す木村さんは、「でもね」と続ける。「海だけではなく、それを取り巻く人間の文化や生活がよみがえらないと、本当の再生とは言えない」。古き良き時代のシンボルとして、打瀬舟はうってつけだった。

 08年、共鳴し合った仲間と「打瀬舟の会」を発足した。

■大人の最高の遊び

 今年に入り、打瀬漁が現存する熊本県芦北に出向き、寄付で集めた資金をもとに中古船を譲り受けた。

 打瀬舟の上には、静かな時間が流れていた。「帆に風を受けて、ここで酒を飲んだら最高だろうなって」。舟は6月2日に現地を出港し、会員3人が交代で操船、13日か14日には横浜の東神奈川に寄り、東京湾に入る予定だ。

 その後、各種イベントで漁体験などに使用する。「子どもに海のことを考えてもらうきっかけになればうれしい。打瀬舟を東京湾再生の象徴にしたい」

 木村さんは、笑った。「大人の最高の遊び。だけど、夢があっていいでしょ」
posted by ちーず。 at 14:19 | TrackBack(0) | 横浜市

日本丸も80歳、みなと博物館で記念展覧会

229.jpg 帆船日本丸の80周年記念展覧会「帆船日本丸と世界の港展」が、みなとみらい21(MM21)地区の横浜みなと博物館で開かれている。6月13日まで。

 訓練船として太平洋を帆走した戦前から一転、戦時中は石炭などの物資搬送に従事。終戦直後は外地からの帰還輸送や南方戦没者の遺骨収集を行ってきた歴史もある。再び訓練船として活躍したが1984年に引退。翌年から横浜で一般公開されている。

 世界の港に寄港した際に交換した記念品をはじめ、実習生の記念写真や新聞記事など約200点で80年間の“航跡”を紹介。ボランティアの手によるロープを使った地上絵「コイル・ダウン」(直径2・5メートル)が披露されており、多くの実習生とボランティアを育ててきた功績も知ることができる。

 帆船日本丸の公開25周年記念式典が29日午前11時半から開かれる。ボランティアによる総帆展帆(そうはんてんぱん)や登檣礼(とうしょうれい)が披露される。
posted by ちーず。 at 14:17 | TrackBack(0) | 横浜市

売り出されていた葉山町の監視船、救助船として活用

228.jpg 老朽化などを理由に売り出されていた葉山町の監視船「葉山丸」(4・9トン)が、NPO法人県水難救済会(横浜市金沢区、牧島功会長)に売却され、救助船として“第二の人生”を歩みだした。これまで通り、葉山港を拠点に周辺海域の安全確保に力を注ぐ。

 葉山丸は周辺海域の水難事故を防ぐことを目的に、同町が1984年に約1900万円をかけて造船。イベントにも活用され、海上保安庁の巡視艇とともに町民を無料で乗船させる遊覧体験にも使われていた。

 しかし、新年度から葉山港の指定管理者が同町から別の事業者に変更になったため、年間約90万円の維持管理費がかかる葉山丸を手放すことにした。その後の入札で、県内に19の水難救難所を持つ同救済会が50万円で落札した。

 監視から救助に役割を変え、名称も「HAYAMA」になったが、これまでと同じ葉山港に係留されている。今後、周辺海域での人命救助や監視パトロールのほか、町主催イベントなどにも活用するという。

 同救済会の牧島会長は「マリンスポーツでにぎわう海域。水難事故は一刻を争うので、葉山港に係留する意義は大きい」と期待を寄せている。
posted by ちーず。 at 14:13 | TrackBack(0) | 葉山町

人工衛星電波を監視、新システムを公開

227.jpg 人工衛星からの電波を監視する総務省関東総合通信局の三浦電波監視センター(三浦市初声町高円坊)の設備が更新され運用を開始したことに伴い、同センターは27日、報道機関に新システムを公開した。

 同センターは1998年に運用開始。人工衛星からの電波を監視する宇宙電波監視業務を行っている日本で唯一の施設。国際電気通信連合条約上の国際監視局に指定されており、海外や国内から到達する短波帯以下の周波数の電波を監視している。

 従来の直径5メートルと11メートルのアンテナを、直径13メートル2基に増強するなど計約28億円をかけて新システムを導入した。衛星の軌道位置測定などの性能向上や、混信の原因となる地上の電波を特定する機能が新たに加わるなどした。

 同センターは、西はおよそパキスタンから、東はハワイ上空までの静止衛星の電波の発射状況や軌道位置を監視する役割などを担っている。
posted by ちーず。 at 14:10 | TrackBack(0) | 三浦市

貝類博物館所蔵の珍種貝が県施設に登場、展示

226.jpg 真鶴町真鶴に今月オープンした町立遠藤貝類博物館の所蔵品の一部を並べたコーナーが、県西湘地域県政総合センター(小田原市荻窪)1階ロビーに登場した。同センターは「来庁者に興味を持ってもらい、博物館に足を運んでもらうきっかけにしたい」としている。

 利用者の多いパスポートセンターの前に展示ケース(縦約1・5メートル、横約1メートル、高さ約1メートル)を設置。「真鶴を中心とした相模湾の貝」「日本・世界の貝」のテーマに分け、計57種133点を並べた。

 表面を磨くと殻が黄、赤、オレンジなどに変色する「ヒオウギガイ」(相模湾産)、ササの葉のような形状をした「ササノハガイ」(琵琶湖産)、殻からとげ状の突起が生えた「ショウジョウガイ」(フィリピン産)など、その特徴はさまざまだ。

 同博物館は、初代町教育長の故・遠藤晴雄さんからコレクション約4500種5万点を譲り受け、町営観光施設「ケープ真鶴」2階に1日、オープンした。

 午前8時半〜午後5時15分。問い合わせは、同センター電話0465(32)8000。
posted by ちーず。 at 14:08 | TrackBack(0) | 小田原市

円覚寺「舎利殿」17年ぶりの輝き、屋根の修繕工事が終わり特別公開

225.jpg 北鎌倉の古刹(こさつ)・円覚寺(鎌倉市山ノ内)境内にある国宝「舎利殿」の屋根の修繕工事が終わり、5月1日から特別公開される。真新しい木材にふき替えられた屋根は、陽光を浴びて黄金色の輝きを放っている。

 舎利殿の屋根は、薄くした板を少しずつ重ねていく「柿葺(こけらぶき)」で、サワラの木が使われている。二層屋根のうち、損傷の激しかった上層屋根を中心に一部をふき替えた。

 修繕は17年ぶりで、昨年末から3月にかけて実施。時間の経過とともに黒ずんでいくため、黄金色の輝きはふき替え直後だけ望める貴重な光景という。

 舎利殿のある塔頭(たっちゅう)「正続(しょうぞく)院」が僧堂(修行道場)のため、舎利殿は11月と正月三が日の特別公開を除き、拝観できない。円覚寺は今回のふき替えを記念して、1日から5日まで特別公開する。午前8時半から午後4時まで。
posted by ちーず。 at 14:04 | TrackBack(0) | 鎌倉市