神奈川県内の過去のニュース記事を集めたブログです。
    神奈川県内で過去にどんな事件・事故、
    または出来事やイベントが起きたのかなどを、
    簡単に検索することができる便利なブログです。

2009年07月23日

夏・決戦:09衆院選・かながわ 顔ぶれと展望/上

 ◇浅尾氏の動向で、激変も−−4区
 ◇上田、池田氏が4度目対決−−6区
 8月30日投開票の「夏決戦」衆院選で、県内18小選挙区には約70人が立候補する見通しだ。政権選択を巡る自民と民主の対決が主軸だが、立候補予定者が解散当日に離党したり今なお出馬を模索したり、公示直前まで構図が固まらない選挙区もある。あすの政権を担うのは誰か。現時点の予定者の顔ぶれを紹介し各区の情勢を探る。
 ◇1区
 4選を目指す松本氏に対し、女性2新人らが挑む。
 松本氏は麻生太郎首相の側近で昨年9月に官房副長官に就任。首相官邸での公務に追われて地元に帰れないのが悩みだが、県議や市議が運動量を補う。
 中林氏は財政の研究者から転身し、今年2月に出馬表明した。6月には国民新党との間で候補一本化で合意、両党の選挙協力の試金石ともなる。
 香西氏は子育て世代の立場から医療や雇用の対策強化を訴える。
 ◇2区
 麻生太郎首相側近の菅氏に、三村氏ら3新人が挑む。
 党選対副委員長の菅氏は全国を応援に回るため、不在がちな選挙戦に危機感を強める。総務相としての実績や地方分権を訴え、駅立ちで支持拡大を図る。
 経済産業省出身の三村氏は、若さと政権交代をアピール。こまめな街頭演説で、子育て支援や脱官僚の新しい政治の実現を訴え、知名度アップを目指す。
 高山氏は後期高齢者医療制度廃止や雇用対策を訴える。
 ◇3区
 6期目を狙う小此木氏に、新人の岡本氏、古谷氏らが挑む。
 前回は圧勝した小此木氏。今回は世襲批判もあり「逆風」と引き締めを図る。「景気回復」を中心に訴える。
 岡本氏は横浜市議14年の実績と「娘2人の母」をアピール。「政権交代」を掲げ、無党派票の獲得を狙う。
 古谷氏は街頭演説で「自民失政で、あえぐ庶民の暮らしの救済」を訴える。党勢拡大の勢いに期待する。
 投票率と公明票がかぎを握りそうだ。
 ◇4区
 再選を目指す林氏と長島氏の激突だが、くら替えを狙う民主の浅尾慶一郎参院議員の動向で情勢は一変する。
 浅尾氏は「大義名分が必要」と発言したり逗子市に事務所を開いたりしたが、明言しない。立てば自民票が流れる可能性も。林氏は駅立ちを続け支持拡大を狙う。
 かつて全国最年少で逗子市長になった長島氏は無党派層への浸透を図る。原子力空母反対の市民団体から出た伊藤氏とは共産・社民票を奪い合う展開も。
 ◇5区
 前回は、郵政選挙の突風が吹いた典型的な選挙区だった。得票を大幅に伸ばして当選した小泉チルドレンの坂井氏に、比例復活も果たせなかった田中氏が捲土(けんど)重来を期す。
 坂井氏は道州制導入や環境政策を駅頭などで訴え、知名度アップを図る。田中氏は出身労組など基礎票固めに力を入れる。田中氏を支援した時期もある一方、前回は坂井氏推薦に回った公明票の動向が注目される。岩崎氏は後期高齢者医療制度の廃止などを掲げる。
 ◇6区
 上田、池田両氏は4回目の対決で、小差の激戦が予想される。
 上田氏は県内の公明で唯一の小選挙区候補予定者。自民も候補を立てずに上田氏を推薦して全面支援し、与党統一候補として選挙戦に臨む。自公選挙協力の成果が問われる。
 前回連敗を喫した池田氏は、比例復活した民主議員の辞任に伴い06年に繰り上げ当選。財政・外交面で自公政権を批判し雪辱を期す。
 比例と重複の藤井氏は産科や小児科の拡充を主張している。
………………………………………………………………………………………………………
 ◇1区(4)=横浜市中・磯子・金沢区
松本純   59 官房副長官   (3)自前
中林美恵子 48 [元]大学准教授   民新=[国]
香西亮子  35 党県委員       共新
臼田寛明  43 幸福県代表      諸新
 (03自民、05自民)
 ◇2区(4)=西・南・港南区
菅義偉  60 [元]総務相  (4)自前
三村和也 33 [元]経産省職員   民新=[国]
高山修  53 党地区委員長     共新
松山幸寛 39 幸福県副代表     諸新
 (03自民、05自民)
 ◇3区(4)=鶴見・神奈川区
小此木八郎 44 [元]副経産相(5)自前
岡本英子  44 [元]横浜市議   民新=[国]
古谷靖彦  37 党地区役員     共新
徳島正浩  44 幸福県副代表    諸新
 (03自民、05自民)
 ◇4区(4)=栄区、鎌倉、逗子市など
林潤   36 党報道局次長 (1)自前
長島一由 42 [元]逗子市長   民新=[国]
小原真理 49 幸福県副代表    諸新
伊藤航平 26 建築業       無新
 (03民主、05自民)
 ◇5区(4)=戸塚・瀬谷・泉区
坂井学  43 党青年局次長 (1)自前
田中慶秋 71 民社協会長  (5)民元=[国]
岩崎広  62 [元]横浜市議   共新
門守隆  40 幸福県副代表    諸新
 (03民主、05自民)
 ◇6区(4)=保土ケ谷・旭区
池田元久  68 [元]NHK記者(5)民前=[国]
上田勇   50 党中央幹事   (5)公前=[自]
藤井美登里 53 党県常任委員     共新
寺島博也  47 幸福党役員      諸新
 (03公明、05公明)
 ※カッコ内は前々回03年、前回05年の小選挙区当選者の党派
posted by ちーず。 at 12:01 | TrackBack(0) | 神奈川県
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30767937
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック