神奈川県内の過去のニュース記事を集めたブログです。
    神奈川県内で過去にどんな事件・事故、
    または出来事やイベントが起きたのかなどを、
    簡単に検索することができる便利なブログです。

2009年07月24日

原三渓作詞の小唄「濱自慢」収録のレコード発見

 ♪横濱よいところじゃえ−。関東大震災後、横浜の復興に奔走した実業家・原三渓(1868−1939年)が作詞した小唄「濱自慢」収録のレコードがこのほど、横浜市内の男性により発見された。震災で壊滅的被害を受けた横浜の活気を取り戻そうと作られ、これまで歌詞は残っていたが音源の行方は分かっていなかった。原がつくった三渓園で8月に公開される予定で、同園では「探していたので、見つかってとてもうれしい」と話している。

 「新民謡・横濱小唄」と題されたレコードに収められた作品で、作曲は七扇(ななおうぎ)小橘(こきつ)。2番まであり、それぞれが「横浜よいところじゃえ」で歌い出し、港の風景などを色彩豊かに折り込んでいる。

 地元の郷土史に詳しく、レコードコレクターでもある横浜市保土ケ谷区在住の病院職員、八木義之さん(50)が、昨年末から今年春までに行われたインターネットのオークションで入手した。

 八木さんが入手後、文献やレコード会社などで調べたところ「濱自慢」であることが判明した。八木さんは「歴史に埋没した歌を聴くことができてうれしい。音源を残すことで役に立つことができた」と話す。

 原は、横浜市復興会会長や横浜貿易復興会理事長などを務め、私財を提供して地元の復興を目指した。自ら「復興小唄」として1925年、この曲を作り、花柳界を通じて広く歌わせたとされる。歌詞の掛け軸は、三渓園に残っていた。

 小唄「濱自慢」は8月1−16日、同園が、横浜開港150周年記念企画として行う「古建築全棟一挙公開」の期間中、原の旧宅である鶴翔閣で流される。
posted by ちーず。 at 21:00 | TrackBack(0) | 横浜市
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30796131
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック