神奈川県内の過去のニュース記事を集めたブログです。
    神奈川県内で過去にどんな事件・事故、
    または出来事やイベントが起きたのかなどを、
    簡単に検索することができる便利なブログです。

2009年07月26日

出合い、撮影秘話・・・、カエル写真家が講演

 相模原市立博物館で開催中の「スキスキ大スキ! カエル展」で多数のカエルの写真を展示している同市在住の写真家・松橋利光さんの講演会が、26日に同博物館で開かれた。親子連れら約80人が、幼少時から魅了されたカエルへの愛情あふれる、松橋さんの話に聞き入った。

 「かえるといっしょ〜写真でみる世界のかえる」をテーマに、松橋さんが撮影秘話などを披露した。
 小さい時に自宅近くの池で初めて見つけたヤマアカガエルに“一目ぼれ”した松橋さん。自宅の庭を「カエルの楽園」にしようと何匹も見つけてきては放したこと、ヒキガエルは生まれた池に戻ることを知り、卵をとって庭の池に入れたことなど、次第に生態に詳しくなっていった様子を子どもにも分かりやすく話した。

 高校卒業後、江ノ島水族館に勤め、その後は地元の相模川ふれあい科学館で好きなカエルの展示ばかりに熱中。より深くカエルを知ってもらおうと写真を始め、写真家として開眼した。3年間かけて、日本にいる43種のカエルを生息地で撮影。「世界には3万種を超えるカエルがいるが、皆、容姿がほんとに楽しい」という思いを伝えるため、白い箱にカエルを置いて真正面から撮る方法も独自に編み出した。

 松橋さんは「カエルは食物連鎖の中間に位置し、ほかの生き物など、自然界の仕組みに目がいくようになった」と、カエルの目線で撮影する時に感じる絶妙な自然環境のバランスについて触れ、その大切さも訴えた。
posted by ちーず。 at 18:00 | TrackBack(0) | 相模原市
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30842840
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック