神奈川県内の過去のニュース記事を集めたブログです。
    神奈川県内で過去にどんな事件・事故、
    または出来事やイベントが起きたのかなどを、
    簡単に検索することができる便利なブログです。

2010年05月30日

京急主力車両「1000形」の引退イベントに県内外からファン

京浜急行電鉄1000形
 赤い車体に白い帯の入った姿で長年親しまれてきた、京浜急行電鉄の通勤型車両「1000形」の引退イベントが30日、横須賀市舟倉の車両工場「京急ファインテック久里浜事業所」で行われた。本年度内での引退が決まっている”京急の顔”を一目見ようと、多くの鉄道ファンが県内外から駆け付けた。

 毎年恒例の工場開放と同時開催。1000形は1959年に登場し、78年まで京急で最多となる356両が製造されたかつての主力車両。老朽化のため、2007年から省エネ型の「新1000形」との入れ替えが進められており、現在は大師線(京急川崎―小島新田)での運行が主流になっている。

 多くの鉄道ファンの熱気に包まれたセレモニーでは「ありがとう1000形」とデザインされたオリジナルヘッドマークを現役最後の1000形1編成に取り付けたほか、運転に長年携わった元運転士らによるトークショーも行われた。

 熱心にシャッターを切っていた、埼玉県加須市の会社員(35)は「小さいころに買った鉄道の本の最初に載っていた車両。もうすぐ見られなくなるのは寂しいです」と感慨深げに話していた。
posted by ちーず。 at 23:40 | TrackBack(0) | 横須賀市

2010年05月29日

記念艦「三笠」で日本海海戦105周年記念式典開催

記念艦三笠
 日露戦争の日本海海戦の105周年を記念した式典が27日、横須賀市稲岡町の記念艦三笠で開かれ、吉田雄人市長や海上自衛隊、在日米軍関係者ら約400人が参加した。

 三笠保存会の主催。1905年(明治38年)5月27日、日本海軍は日本海海戦でロシアのバルチック艦隊を撃破し勝利したことから、毎年この日に開催している。

 式典では、同保存会の増田信行会長が「小国日本が大国ロシアに勝利できたのは国を守る気概や犠牲をいとわない精神があったから」などとあいさつ。また、横須賀地方総監の松岡貞義海将は「ロシアを破った日本海軍のように、海戦において勝利し祖国を守るという大目的に向かって脈々と流れる海軍精神は不滅」と祝辞の言葉を述べた。
posted by ちーず。 at 15:55 | TrackBack(0) | 横須賀市

2010年05月27日

京急「1000形」が年度内で引退へ30日に引退イベント

京急ファインテック久里浜事業所
 白い帯の入った赤い車体で親しまれてきた京浜急行電鉄の通勤型車両「1000形」が年度内に引退する。1959年の登場以来、同社の主力車両として活躍してきたが老朽化が進んだため、2007年に投入された省エネ型の後続車両「新1000形」に道を譲る。

 京急から都営浅草線・京成線方面への乗り入れ車両として登場。78年までに京急では最多となる計356両が製造された。86年から段階的に廃車が進められており、現在は大師線(京急川崎―小島新田)での運行が主流となっている。

 30日には車両工場の京急ファインテック久里浜事業所(横須賀市)で引退イベントを開く。
posted by ちーず。 at 15:08 | TrackBack(0) | 横須賀市

2010年05月23日

「かいよう」体験乗船や「しんかい2000」見学にぎわう海洋機構が施設公開

海洋研究開発機構
 海洋や深海の観測研究や地球深部の探査などを行っている海洋研究開発機構(海洋機構)が22日、横須賀本部(横須賀市夏島町)の施設を一般公開した。海洋調査船「かいよう」の体験乗船など多数のイベントが行われた会場内は多くの家族連れらでにぎわった。

 施設の一般公開は、海洋科学への関心を高めてもらおうと毎年開催しており、今回が37回目。今年は約5千人が来場した。

 かいようの体験乗船は午前と午後の2回に分けて行われ、計380人が約1時間かけて猿島付近までの巡航を楽しんだ。1981年から2004年まで活躍した有人潜水調査船「しんかい2000」のコックピット見学会も盛況で、その姿をカメラで収める見学者も多数見られた。

 このほか、深海調査研究船「かいれい」の船内公開や、深海生物写真展、無人探査機や地震計などが披露され、来場者の関心を集めていた。
posted by ちーず。 at 17:40 | TrackBack(0) | 横須賀市

2010年05月15日

東京湾フェリー「くりはま丸」売却へ経営環境厳しく2隻体制に

東京湾フェリー
 横須賀市の久里浜港と千葉県富津市の金谷港を結ぶ東京湾フェリーが、3隻から2隻体制になる。東京湾フェリー(横須賀市)の親会社である東京汽船(横浜市中区)が14日の決算会見で、フェリー「くりはま丸」の売却を発表した。

 東京湾アクアラインの通行料金引き下げなどで経営環境は厳しくなっており、今年4月からは休日や繁忙期以外は2隻で運航を賄っている。

 「くりはま丸」は1986年の就航で、他の「かなや丸」「しらはま丸」より古い。東京汽船の伊藤英津生取締役は「売却益は望めないが、年間6千万円の維持費を削減する必要がある」と話した。売却時期は9月以降になる見通し。

 東京湾フェリーの2009年度の旅客数は前年度比8・1%減、運賃収入は19・4%減。割引券やポイント券の発行など積極的に営業活動を展開したものの、補えなかった。
posted by ちーず。 at 14:56 | TrackBack(0) | 横須賀市

2010年05月12日

さいか屋横須賀店の大通り館が閉館地元客に見守られ82年の歴史に幕

さいか屋横須賀店
 横須賀発祥の老舗百貨店さいか屋横須賀店(横須賀市大滝町)の主力店舗「大通り館」が11日、82年の歴史に幕を閉じた。同館には通常の倍近い2万人以上がが足を運び、写真に収めるなどしながら別れを惜しんでいた。

 さいか屋は1872年に横須賀で創業。大通り館は1928年に開館した。中心市街地の核店舗として長年市民に親しまれてきたが、近年は売上高の落ち込みや老朽化のため縮小を迫られていた。

 40年近く買い物に訪れていたという主婦(70)は「ずっと通っていた店だからやっぱりさみしい」と話し、別の常連客の女性(57)も「名残惜しい」と残念がっていた。

 午後7時ごろ、鈴木士文(ひとふみ)店長が約350人の客に見守られながら「多くの方に大通り館を利用していただき心から感謝しています」とあいさつ。最後に従業員が頭を下げ、シャッターが下りた後には「がんばってよー!」「ありがとうさいか屋!」のかけ声とともに拍手がわき起こっていた。

 大通り館の跡地は売却する方針だが、売却先はまだ決まっていない。新館と南館は13日にリニューアルオープンする。
posted by ちーず。 at 14:56 | TrackBack(0) | 横須賀市

海自護衛艦「むらさめ」が横須賀基地を出港ソマリア沖へ

むらさめ
 ソマリア沖の海賊対策でアデン湾に派遣される海上自衛隊の護衛艦「むらさめ」(4550トン、約190人乗り組み)が10日、横須賀基地を出港した。

 同基地岸壁で開かれた出港行事には、楠田大蔵防衛大臣政務官や吉田雄人横須賀市長、乗組員の家族ら約530人が出席。杉本正彦自衛艦隊司令官は「海洋の安全を確保するという重大な責務に強い使命感と確固たる信念を持って実力を発揮してほしい」と乗組員を激励した。

 同艦は8日に青森県・大湊基地を出港した護衛艦「ゆうぎり」(3500トン)と合流。2隻は第4次派遣部隊として活動していた護衛艦「おおなみ」(4650トン)と護衛艦「さわぎり」(3500トン)の2隻と交代し、6月上旬ごろ護衛活動を開始する予定。
posted by ちーず。 at 14:50 | TrackBack(0) | 横須賀市

2010年05月10日

記念艦三笠の観覧者36年ぶり15万人を突破

記念艦三笠
 記念艦三笠(横須賀市稲岡町)の2009年度観覧者が36年ぶりに15万人を突破した。同艦に乗り組んでいた秋山真之が主人公のNHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」の放映に加えて多彩なPR活動が功を奏し、08年度より30%以上増えた。10年度は同艦復元50周年に向けた企画展が予定されており、さらなる上乗せを目指す。

 三笠保存会によると、09年度は有料観覧者13万9863人、中学生以下などの無料観覧者1万5947人の計15万5810人が三笠を訪れた。前年度より計3万8375人(32・7%)増え、1973年度(15万2997人)以来の15万人突破となった。

 好調だった最大の要因は、司馬遼太郎原作の歴史小説のスペシャルドラマ放映。昨年11月からの第1部放映とともに、今年5月末まで特別展「秋山真之と正岡子規」を三笠艦内で開催するなど多彩な関連イベントや集客プロモーションを展開。横須賀市や横須賀商工会議所、京急電鉄の支援を受けて観覧者の誘導に努めた。

 今年12月放映の第2部では日露開戦で三笠が登場する。来年5月の同艦復元50周年に向けた特別展も同2月から予定されており、三笠保存会の小山力事務局長は「09年度より2〜3割増の観覧者を目指したい」と話している。
posted by ちーず。 at 13:33 | TrackBack(0) | 横須賀市

2009年07月28日

三溪園で夏の風物詩「朝顔展」-300鉢を展示・押し花体験も

 三溪園(横浜市中区本牧三之谷58-1、TEL 045-621-0634)で7月29日より、夏の風物詩の「朝顔展」が開催される。(ヨコハマ経済新聞)

 同イベントは、愛好者が日ごろ丹精込めて育てている鉢植えのアサガオを展示する恒例の催しで、今年で28回目。大輪のアサガオ約300鉢を展示するほか、来園者に広く朝顔に親しんでもらえるよう、押し花の実演や育て方相談などをおこなう。三溪園保勝会と横浜朝顔会の共催。

 期間中は、毎朝アサガオの審査を行い、竹やプラスチック製の輪がついた支柱につるをからませた「行灯(あんどん)作り」、咲いた花の輪経を競う「切り込み作り」の作品など、大きく花開いた美しいアサガオ約30鉢を選出展示するとともに、押し花やカラー写真の陳列、押し花の実演・指導(受付12時〜13時で無料、最終日は除く)、朝顔の作り方指導や園芸相談を受けつける(9時〜15時)。

 展示会場は、月影の茶屋(入賞作品、写真展示)、月影の茶屋隣りの三溪茶寮側特設テント(押し花実演・展示)、月影の茶屋隣りの雁ヶ音茶屋側特設テント(園芸相談)、中央広場三溪翁の碑周辺(選外作品)。

 三溪園保勝会事業課・広報担当の吉川利一さんは「朝顔は、花菖蒲や菊と並んで江戸時代から広く人々に親しまれてきた古典園芸植物の一つ。三溪園の朝顔展は、三重塔を背にした風情ある自然豊かな園内で楽しめるのが魅力です。毎日抽選による朝顔のプレゼントもありますので、ぜひお越し下さい」と話す。

 開園時間は9時〜17時。入園料は大人=500円、65歳以上=300円、小学生=200円。展示会は、9時〜15時(最終日は12時)で朝顔展示は、9時〜12時。8月2日まで。
posted by ちーず。 at 14:36 | TrackBack(0) | 横須賀市

2009年07月27日

「ネイビーフレンドシップデー」−横須賀で米海軍基地・海自基地を一般開放

 米海軍横須賀基地が8月1日、「ネイビーフレンドシップデー」として一般開放される。同日、海上自衛隊横須賀基地も「サマーフェスタ」を開催して開放する。「よこすか開国祭」の一環。

 米・第7艦隊司令部がある米軍基地内では、艦船見学やヒップホップダンス、第7艦隊バンド演奏などのイベントが展開されるほか、アメリカン屋台やフードコートの開放によりステーキ・ピザなど本場のアメリカンフードも体験できる。19時30分より、海上から1万発の花火を打ち上げる「開国花火大会」も行われ、同基地内から花火見物もできる。開催時間は10時〜21時。三笠ゲートから入場できる。

 海自基地のサマーフェスタでは、護衛艦の一般公開や潜水艦の特別公開(事前申し込みが必要)、第2術科学校オープンスクール、航空自衛隊PAC3など各種装備も展示する。ほかに横須賀音楽隊によるステージ演奏、海自グッズ販売や子ども向けイベントも行う。開催時間は10時〜16時.。

 当日は、米軍基地と海自基地間の海上を往復する「シャトルボート」も特別運航する。海自基地内の桟橋で米軍巡洋艦「カウペンス」を公開し、米軍基地内で海自護衛艦「おおとり」を公開するなど、「双方の基地を自由に行き来しながら、日米のフレンドシップを深めるイベントになる」(海自広報)という。
posted by ちーず。 at 18:28 | TrackBack(0) | 横須賀市

2009年07月26日

ニュースポーツやダンスなど楽しむ

 楽しく体を動かす体験をしてもらおうという「かながわスポーツ・レクリエーション大会」の横須賀大会が26日、横須賀市久里浜の市南体育会館などで開かれた。特定非営利活動法人(NPO法人)県レクリエーション協会の主催。参加者は夏の日差しに負けず、ニュースポーツやダンスなどを思い思いに楽しんだ。

 大会は同会館のほか、明浜、久里浜両小学校と神明公園で実施。成績を点数化しやすいスポーツ吹矢、ターゲット・バードゴルフ、グラウンド・ゴルフの3種目の合計得点を競う「かながわニュースポ」の競技大会が初めて行われた。

 ターゲット・バードゴルフは、羽根付きのゴルフボールを打ち、傘を逆さにしたようなホールへ入れるミニゴルフの一種。参加者は強風に悩まされながらも、ボールを遠くへ飛ばそうと奮戦していた。初体験の専門学校生(21)は「だんだん飛ぶようになって楽しかった。また機会があればやってみたい」と話していた。

 このほかペタンク、インディアカ、スポーツチャンバラなどのニュースポーツに親しんだり、昔懐かしいベーゴマやめんこなどが楽しめるコーナーもあり、家族が気軽に参加していた。
posted by ちーず。 at 22:00 | TrackBack(0) | 横須賀市

神奈川県警職員から強盗容疑 米国籍高校生3人逮捕

 神奈川県警職員を襲い金などを奪ったとして、県警国際捜査課と浦賀署は、強盗容疑で、在日米海軍横須賀基地内の高校に通う米国籍の16〜18歳の少年3人を逮捕した。

 県警の調べによると、3人は今月8日午後7時50分ごろ、横須賀市大津町の路上で、帰宅途中の県警職員の男性(38)を後ろから羽交い締めにするなどして、ポケットから現金500円などを奪い逃走した疑いが持たれている。

 県警によると、少年らは奪ったものを逃走中に捨てたという。少年の1人は「その場にはいたが、ほかの2人がやった」と容疑を否認。2人は容疑を認めている。
posted by ちーず。 at 07:57 | TrackBack(0) | 横須賀市

2009年07月25日

イベント多彩のよこすか開国祭

 「よこすか開国祭」が25日、横須賀市小川町の市役所前公園などを会場に開かれた。ダンスコンテストなどの多彩なイベントに、多くの市民らが詰めかけた。

 ペリー来航150年を記念して2003年に始まり、「開国のまち横須賀」の魅力を発信する催し。ヴェルニー公園で開かれたダンスコンテスト「開国Dancin’」には、子どもから大人までの20チームが出場。特設ステージで息の合ったパワフルなダンスを披露し、盛んな拍手を浴びた。

 また、市役所前公園で行われた「開国まちなかイベント」では、ダンス・パフォーマンスやハワイアンフラが祭りの雰囲気を盛り上げ、観客を魅了した。会場内ではフリーマーケットも開催された。

 8月1日午後7時半から、うみかぜ公園などを会場に1万発の光の大輪が夜空を彩る「開国花火大会」が行われる。問い合わせは市コールセンター電話046(822)2500。
posted by ちーず。 at 17:00 | TrackBack(0) | 横須賀市

2009年07月24日

平作川の不法係留船、県が撤去に本腰

 県は2009年度から、横須賀市を流れる平作川の不法係留船対策を本格化させる。所有者不明の係留船の撤去を始めると同時に、所有者が分かっている船も自主的に撤去するよう働きかけている。県内でも不法係留船が特に集中している河川だけに、今後が注目される。

 県が昨年10月に実施した調査によると、不法係留船は森崎から河口まで約4キロ間に約560隻あった。このうち24隻は沈廃船で、所有者不明の船が約150隻あった。約390隻は船舶番号から所有者が分かっている。大半は釣り愛好者のプレジャーボートとみられる。

 県管理の河川では、約950隻が不法係留されている。県河川課は「プレジャーボートなどが不法係留されていると騒音などを引き起こすほか、洪水の場合に護岸を損傷する恐れもある」として、不法係留船の解消に力を入れている。

 平作川では、08年度に12隻の沈廃船を県の負担で撤去して廃棄し、再係留を防ぐためフロートなどの障害物を置いた。09年度に残り12隻の撤去を予定している。

 さらに、09年度からは所有者不明の係留船を公告し、引き上げて県有地に6カ月保管。所有者が名乗り出ない場合は廃棄処分とする。1年に25隻程度処分し、4年間で終える計画。

 所有者が判明している係留船は対策の周知に努めながら、マリーナなどの係留保管施設を確保してもらい、13年度までに自主的に撤去するよう求める。ただ、係留保管施設が周囲にないことや保管料が年間30万円前後かかることから撤去がスムーズにいくかどうかは不透明だ。
posted by ちーず。 at 22:00 | TrackBack(0) | 横須賀市

横須賀PAに急速充電器を設置−NEXCO東日本が電気自動車普及へ

 NEXCO東日本は7月23日、横浜横須賀道路・横須賀パーキングエリア(PA)など神奈川県内の4カ所に電気自動車(EV)向け「急速充電器」を設置すると発表した。併せて業務用車両としてEV2台を導入し、電気自動車普及に向けた取り組みを始めるという。

 同社が管理する高速道路・有料道路の休憩施設内に、急速充電器を設置するのは初めて。高速道路関連社会貢献協議会の協力を得て実施する。 今年度末までに横須賀PAの上下線に各1基、第三京浜道路の都筑PA上り線、保土ヶ谷PA下り線に各1基を設置する。

 横須賀PAではほかに、太陽光発電によるトイレへの電力供給やLED照明、路面温度の上昇を抑える舗装、壁面緑化など「環境対応型技術」を活用した設備なども新たに導入する予定。

 同社広報は「横浜横須賀道路では、従来から環境緑地帯やビオトープ整備なども進めてきた。『自然にやさしい道づくり』のコンセプトを体感できるエリアにする」という。
posted by ちーず。 at 13:56 | TrackBack(0) | 横須賀市

10億円憩い場、水の泡/横須賀市の流水施設次々故障

 横須賀市の東京湾側の海岸線を結ぶ遊歩道「1万メートルプロムナード」に整備した流水施設が次々と故障している。ところが市は補修費などがかさむとして、最終的に残すのは17基のうち4基だけ。残りは稼働させず、「モニュメント」や芝生にしてしまう。10億円を投入して整備した市民憩いの施設だけに、ずさんな管理体制が問われそうだ。

 水道水を利用した流水施設は、「よこすか海岸通り」の日の出町2丁目から三春町3丁目まで約2キロの間に17基ある。「航海」をメーンテーマに、市港湾部が国の港湾環境整備事業費補助を受け1990年度から4年間かけて整備した。96年7月からは道路管理者の市土木みどり部が維持管理している。

 ところが、その翌年から流水施設のポンプが次々と故障し始めた。一番南側に位置する三春町3丁目の壁面流水施設と噴水の計3基は10年以上修理せずに停止したままだ。同部の担当者は「3基を修理するのに2500万円かかる。財政的なゆとりがなかった」と釈明する。ほかの施設も修理せず、稼働しているのは8基だけだ。

 これに対し、市民からは「なぜ止まっているのか」という問い合わせや、停止している流路の水たまりで発生する蚊に悩まされる周辺住民からの苦情も。このまま放置すればさらに補修費もかさむとして、今年から7年かけてようやく一部を補修することにした。

 計画によると、現在稼働している8基のうち噴水3基は「水しぶきが飛ぶ」との苦情が歩行者からあるため停止してモニュメント化した。別の噴水2基と流路1基は当面稼働させるが、壊れた段階でモニュメントにする。既に停止している9基のうち日の出町2丁目の流路と壁面流水施設の計2基だけは補修する。

 その結果、最終的に存続させる流水施設は4基にとどまる。担当者は「17基全部を稼働させると光熱水費が年3千万円かかる」と維持管理の面からも全施設の存続は困難と説明した。ただ、補修や噴水施設の芝生化などでも1億円かかるという。その場しのぎの対応が、結果的に財政面で大きな負担を強いることになってしまったようだ。

◆1万メートルプロムナード JR横須賀駅から観音崎まで約10キロの海岸線を結ぶ遊歩道。国、県、市の協力で整備を進めている。流水施設は通常、土・日曜日と祝日のみ稼働しているが、今年は18日から8月末までは平日も稼働する。
posted by ちーず。 at 09:00 | TrackBack(0) | 横須賀市

2009年07月23日

新型インフルで横須賀市の3校が部活など休止

 横須賀市は23日、市内の市立小中学校3校で男女計4人の生徒が新型インフルエンザに感染し、夏休み中の学校行事を一定期間休止するよう要請したと発表した。

 これを受け、3校ではクラブ活動や学習会を26〜31日まで休止する措置を取ったという。児童・生徒らの容体はいずれも安定しているという。学校名は公表していない。
posted by ちーず。 at 17:00 | TrackBack(0) | 横須賀市

携帯など盗んだ海自隊員を懲戒処分

 海上自衛隊横須賀地方総監部は23日、護衛艦「さわかぜ」所属の3等海曹(36)を同日付で停職20日の懲戒処分にしたと発表した。

 同総監部によると、海曹長は2007年8月9日午前11時50分ごろ、横須賀市内のATM(現金自動預払機)コーナーに置き忘れられていた携帯電話1台など(時価計約1万4000円相当)を盗んだという。
posted by ちーず。 at 17:00 | TrackBack(0) | 横須賀市