神奈川県内の過去のニュース記事を集めたブログです。
    神奈川県内で過去にどんな事件・事故、
    または出来事やイベントが起きたのかなどを、
    簡単に検索することができる便利なブログです。

2010年05月27日

鎌倉の名刹に「洋の美」画家の加藤さんがお堂に洋画制作

覚園寺
 鎌倉市二階堂の名刹・覚園寺(仲田昌弘住職)の千躰堂に飾る欄間絵を、鎌倉ゆかりの画家・加藤力之輔さん(65)=横浜市神奈川区=が制作した。スペインで腕を磨いた加藤さんの鮮やかな洋画が、古民家を移築したお堂の和のたたずまいに溶け込み、訪れた人を楽しませている。

 制作された絵は、縦38センチ、横160センチのもの3枚と縦38センチ、横90センチのもの8枚の計11枚。釈迦が横たわる姿を描いた涅槃図を中心に、死後の世界で人間の魂の休まる世界観を、鮮やかな色彩で表現した。

 制作のきっかけは、3年前に行われた千躰堂の建て替え。千躰堂には覚園寺所蔵の「黒地蔵尊」の分身として、「千躰地蔵尊」が祭られている。江戸時代から続く地蔵信仰で、千躰地蔵尊を家に持ち帰り願い事がかなうと福分けとして2体にして千躰堂に返すという。年々数が増え、現在652体が奉納されている。

 覚園寺では、元のお堂が手狭になったため、富山県砺波市にあった古民家を移築した。欄間が空洞だったため、親交のあった加藤さんに「この空間を飾る絵を、祈りの場にふさわしいテーマで描いてほしい」と依頼した。

 加藤さんは中学校から高校時代まで鎌倉市内に居住。1972年にスペインに渡り、画業を重ねてきた。主に群像画を中心に描き、現在は日本とスペインを行き来しながら、創作活動に励んでいる。

 今回の絵画の制作に費やした期間は2年ほど。加藤さんは「明るく強い色彩を取り入れ、空間との調和を考えて描いた。この千躰堂という場所でわたしの絵がどのように皆さんの目に映るのか、楽しんでいただけたら」としている。

 30日までは、欄間絵のお披露目を記念した加藤さんの作品展示も千躰堂で開かれている。午前10時から午後4時まで。
posted by ちーず。 at 15:10 | TrackBack(0) | 鎌倉市

2010年05月25日

携帯電話の待ち受け画面に設定できる「お守り」配信スタート「縁結び」など3種類

極楽寺
 参道のアジサイで有名な成就院(鎌倉市極楽寺)公式のお守りとして、出版社「かまくら春秋社」(同市小町)は24日、携帯電話の待ち受け画面に設定できる「お守り待ち受け」の画像配信を始めた。3種の画像を用意。1回のダウンロードで525円かかる。

 同社が成就院の協力を得て考案した「新時代のお守り」。肌身離さず持ち歩く携帯電話に、お守りの効能を持たせようと試みた。仏像ブームもあり、若い人が寺院や仏像を携帯電話のカメラに収める様子からヒントを得たという。

 用意された画像は、成就院で御利益があるとされる「縁結び」「所願成就」「身代わり」の3種。いずれも本尊の「不動明王像」や境内のアジサイを収めた。24日の配信開始前には、原照雄名誉住職が境内で護摩法要を営んだ。

 配信はアジサイの咲く季節に合わせて、6月末まで。入手は「成就院 お守り」で検索を行うか、携帯サイト「遊スタイル」から。

 問い合わせは、同社電話0467(25)2864。
posted by ちーず。 at 15:57 | TrackBack(0) | 鎌倉市

2010年05月22日

鎌倉の大町釈迦堂口遺跡を新たに国の史跡に県内の国指定史跡は累計で56件

大町釈迦堂口遺跡
 国の文化審議会は21日、鎌倉市の「大町釈迦堂(しゃかどう)口遺跡」を新たに国の史跡に指定するよう川端達夫文部科学相に答申した。答申が認められれば、県内の国指定史跡は累計で56件、このうち鎌倉市内で31件を占める。

 同遺跡は、名越ケ谷と呼ばれる谷戸(やと)の一角にあり、面積は約1万5千平方メートル。丘陵部には中世鎌倉特有の横穴式墳墓「やぐら」が64基あり、丘陵部を掘削して造成された平場には建物跡も確認されている。トンネル状に山肌をくりぬいた釈迦堂口切通もある。

 鎌倉幕府初代執権・北条時政(1138〜1215)邸跡との説もあったが、2008年の市教育委員会の発掘調査で年代の違いが発覚。さらに、一般住居にはない柱の礎石や火葬跡なども確認された。やぐらの存在や、国の重要文化財(重文)にも指定されている「青磁の鉢」など高価な出土品からも、それなりの格式を持った未知の廃寺跡の可能性が考えられるという。

 鎌倉市教育委員会は「やぐらと平場の遺構が一体で残る数少ない貴重な場所で、鎌倉の谷戸開発と祭祀(さいし)信仰の在り方を知る上で重要」としている。


 大町釈迦堂口遺跡以外の同審議会の主な答申内容は次の通り。

 【特別名勝の新指定】平城宮東院庭園(奈良市)

 【史跡の新指定】小峰城跡(福島県白河市)▽常陸国府跡(茨城県石岡市)▽長州藩下関前田台場跡(山口県下関市)▽阿波遍路道=鶴林寺道、太龍寺道、いわや道(徳島県阿南市、勝浦町)▽妙見山古墳(愛媛県今治市)▽熊本藩川尻米蔵跡=外城蔵跡、船着場跡(熊本市)▽小湊フワガネク遺跡(鹿児島県奄美市)

 【名勝の新指定】和歌の浦(和歌山市)▽円月島(和歌山県白浜町)

 【天然記念物の新指定】大室山(静岡県伊東市)▽多度のイヌナシ自生地(三重県桑名市)▽ヤクシマカワゴロモ生育地(鹿児島県屋久島町)

 【登録記念物の新登録】小川氏庭園(鳥取県倉吉市)▽賀来飛霞標本(宮崎市)

 【重要文化的景観の新選定】高島市針江・霜降の水辺景観(滋賀県高島市)▽田染荘小崎の農村景観(大分県豊後高田市)
posted by ちーず。 at 16:04 | TrackBack(0) | 鎌倉市

木彫りで野鳥の生き生きとバードカービング作品展始まる

ギャラリーやまご
 野鳥の木彫り「バードカービング」の作品展が20日、鎌倉市小町のギャラリー「やまご」で始まった。愛好者でつくる「ヤマセミの会」(高野慎太郎会長)の会員15人が、約100種の鳥、計200体を出展している。25日まで。

 同会は、教養センター(同市笛田)のバードカービング講座を受講した市民らで結成された。ことしが活動10年の節目で、これまでの成果を見てもらおうと作品展を企画した。過去に会員が個展を開くことはあったが、会としての作品展は初めてという。

 作品製作に当たり、会員らはバードウオッチングで野鳥の気に入ったしぐさなどを観察。撮影した写真や図鑑などを参考に、ナイフや彫刻刀で木材を削り込んでいく。設計から加工、彩色、台座作りまで、一つの作品を作るのに平均で2カ月ほどかかるという。

 会場には、カワセミやタカ、トビ、フクロウ、スズメ、ガン、カモなど、多種多様な鳥類がずらりと並べられた。今にも動きだしそうな精巧な作りと鮮やかな色合いに、来場者が見とれていた。

 午前10時から午後6時まで。入場無料。
posted by ちーず。 at 15:56 | TrackBack(0) | 鎌倉市

2010年05月16日

地元の史跡守ろうと地域一丸で清掃活動

和賀江嶋
 地域一丸となり地元の遺産を守っていこうと、鎌倉と逗子市境にある国指定史跡「和賀江嶋」で16日、清掃活動が行われた。材木座自治連合協議会(村越正俊会長)の主催で、呼び掛けに応じた地元住民ら約300人が汗を流した。

 和賀江嶋は現存する最古の築港遺跡で、材木座海岸の東端に位置する。鎌倉幕府が1232年に整備を進め、鎌倉の海の玄関口としての役割を果たした。

 清掃活動は毎年5月、干満の差の大きい大潮の日を選んで取り組んでおり、今回が34回目。和賀江嶋が陸続きとなる干潮時に合わせて行われた。

 積み上げた人工の岩場には、流れ着いたとみられる空き缶やペットボトルなどのごみが散乱。子どもたちはごみのほか、カニなどの海の生物を見つけてはしゃぐなど、地元の史跡との触れ合いを楽しんでいた。
posted by ちーず。 at 22:34 | TrackBack(0) | 鎌倉市

2010年05月15日

市の木ヤマザクラ制定から35年を記念し植樹

源氏山公園
 ヤマザクラが鎌倉市の木に制定されてから35年になるのを記念した植樹が13日、鎌倉市の源氏山公園で行われた。NPO法人「鎌倉緑の会」(高柳英麿代表)などの主催で、公園内に計5本のヤマザクラを植えた。

 鎌倉市では1975年に、ヤマザクラを市の木に、リンドウを市の花とした。同会は、鎌倉の緑や景観を後世まで守り伝えたいとの願いを込め、記念植樹を行うことにした。

 記念植樹は20周年時に鎌倉中央公園で行われて以来。今回は、鎌倉随一の桜の名所でもある源氏山公園を舞台に選んだ。

 会員約40人のほか、松尾崇市長も参加。高さ約3メートルの5年樹を、35周年記念を表す標柱とともに植えると、見守った会員からは拍手がわき起こった。

 高柳代表は「(公園内の桜に)老木もだいぶ目立ってきたので、これを機にまた若い木も増やしていきたい」と話していた。
posted by ちーず。 at 14:50 | TrackBack(0) | 鎌倉市

2010年05月07日

鎌倉武士が弓術の腕前競い合う鎌倉宮で「草鹿神事」

草鹿神事
 シカをかたどった的を矢で射る「草鹿(くさじし)神事」が5日、鎌倉市二階堂の鎌倉宮で行われた。直垂や烏帽子など、鎌倉武士の狩り装束を身にまとった射手が2組に分かれ、弓術の腕前を競い合った。

 1194年、源頼朝が富士の裾野で巻き狩りを行った際、獲物を射損じる家来があまりに多かったため、草の束をシカの形にして鍛錬させたことが草鹿神事の始まりとされる。

 鎌倉宮での神事は、小笠原流鎌倉古式弓道保存会が1981年から実施。古来の伝統武術で子どもたちの健やかな成長を願うため、5月5日のこどもの日に毎年行っている。

 神事は的奉行が進行役となってスタート。古来の礼法・作法にのっとり、約20メートル離れた的に1組4人の計8人が順番に矢を放った。的には24の印があり、矢が当たった個所を正確に告げないと命中とみなされないルールもあり、間違った答えで的奉行から命中を取り消されるシーンもあった。
posted by ちーず。 at 14:23 | TrackBack(0) | 鎌倉市

2010年05月05日

源頼朝建立の廃寺「永福寺」復元へ事業本格化

永福寺
 源頼朝が建立し、幻の大寺院とも呼ばれる廃寺「永福寺(ようふくじ)」(鎌倉市二階堂)の復元事業が、本年度からいよいよ本格化する。これまで市教育委員会で発掘調査や用地買収を進めてきた。今後は4カ年計画で、三つの堂跡を示す基壇(基礎の部分)や池の整備に着手。史跡公園として2013年度内の公開を目指す。

 永福寺は、1189年に奥州藤原氏を攻め滅ぼした後、頼朝が建立を指示した。戦いで死んだ兵士らの鎮魂のためとされている。

 堂の前には広大な池が造成され、橋や中島のほか、やり水も配置された。極楽浄土を地上に現したその造りは、藤原氏の拠点・平泉(岩手県)の影響が色濃く反映され、毛越寺や中尊寺で見られる「浄土思想」が取り入れられている。

 鎌倉幕府滅亡後も室町幕府に保護されたが、1405年の火災で焼失。以後、建物を再建したとする記録は見当たらず、15世紀中ごろ以降には廃寺になったとみられる。本堂の「二階堂」は現在も地名として残されている。

 1966年には永福寺跡として約8万7500平方メートルが国指定史跡となり、用地買収がスタートした。市教委は78年、将来的な復元整備の方針を盛り込んだ保存管理計画を策定し、83年から96年まで初の大規模な発掘調査も行った。

 調査の結果、三つの堂は一直線に置かれ、それぞれが回廊で結ばれていたことが判明。回廊の両端は池に張り出す形で延び、池の大きさも明らかになった。

 市教委は復元方法を専門家や文化庁と協議する一方、用地取得や背後の山林整備を進め、本格的な復元に向け準備を整えてきた。

 計画では三つの堂の基壇のほか、池や庭園、やり水などを復元対象とし、堂そのものは再建しない。2010年度にまず二階堂の南側に位置する阿弥陀堂の基壇復元に取り組み、11年度に二階堂と北側の薬師堂の基壇を、12年度と13年度に池と庭園をそれぞれ整備する方針。

 これらの方針は6月ごろ、歴史や建築学、庭園の専門家で構成される「史跡永福寺跡整備委員会」に諮り、了承されれば正式に決定する。

 永福寺跡は、鎌倉市などが進める世界遺産登録の候補資産にもなっており、市教委文化財課は「復元されることで登録の一助になれば」としている。
posted by ちーず。 at 21:45 | TrackBack(0) | 鎌倉市

2010年04月29日

円覚寺「舎利殿」17年ぶりの輝き、屋根の修繕工事が終わり特別公開

225.jpg 北鎌倉の古刹(こさつ)・円覚寺(鎌倉市山ノ内)境内にある国宝「舎利殿」の屋根の修繕工事が終わり、5月1日から特別公開される。真新しい木材にふき替えられた屋根は、陽光を浴びて黄金色の輝きを放っている。

 舎利殿の屋根は、薄くした板を少しずつ重ねていく「柿葺(こけらぶき)」で、サワラの木が使われている。二層屋根のうち、損傷の激しかった上層屋根を中心に一部をふき替えた。

 修繕は17年ぶりで、昨年末から3月にかけて実施。時間の経過とともに黒ずんでいくため、黄金色の輝きはふき替え直後だけ望める貴重な光景という。

 舎利殿のある塔頭(たっちゅう)「正続(しょうぞく)院」が僧堂(修行道場)のため、舎利殿は11月と正月三が日の特別公開を除き、拝観できない。円覚寺は今回のふき替えを記念して、1日から5日まで特別公開する。午前8時半から午後4時まで。
posted by ちーず。 at 14:04 | TrackBack(0) | 鎌倉市

2009年07月28日

鎌倉の食堂で「地産地聴」イベント−ハミングキッチンらのライブも

 鎌倉・若宮大路通り沿いの食堂「cobakaba(コバカバ)」(鎌倉市小町1、TEL 0467-22-6131)は8月1日から、地元で活躍するミュージシャンをサポートする「地産地聴」イベントを開く。(湘南経済新聞)

 「食の提供のみならず、皆が集い日常を豊かにする情報を共有する『場』の提供」をと、2年前から地元のアーティストにフォーカスした企画を実施する同店。店主の内堀さんは「今回は、音楽を通じて夏を楽しくできればと、ミュージシャンにスポットを当て『地産地消』ならぬ『地産地聴』と題し企画した」と話す。

 今回参加するアーティストは、4月に細野晴臣さんのレーベル・デイジーワールドからメジャーデビューを果たした「ハミングキッチン」、4月に開校した「神奈川県立横浜栄高校」(横浜市栄区)の校歌を制作した佐藤嘉風(よしのり)さんら9組を予定。いずれも内堀さん自身の音楽活動の中で出会ったアーティストばかりだという。期間中、店頭で各アーティストの楽曲をBGMとして流すほか、CDの販売も行う。

 内堀さんは「地元の皆さんにもっと身近に顔の見える音楽を楽しんでもらい、観光客の皆さんには湘南の新しい土産として提案できれば」と話す。「いつか、沖縄やハワイのように地域に根ざした音楽になれれば」とも。

 営業時間は9時〜19時。火曜・第3水曜定休。8月27日には、ハミングキッチンら6組のアーティストによるライブパーティーを予定。定員25人。ライブチャージは3,000円。申し込み方法は店頭で確認。イベントは8月31日まで。
posted by ちーず。 at 12:45 | TrackBack(0) | 鎌倉市

2009年07月27日

ハスの名所「光明寺」で観蓮会

 ハスの名所として知られる、鎌倉市材木座の光明寺で26日、観蓮会(かんれんかい)が開かれ、ハスにちなんだ催しなどが行われた。

 創建は鎌倉時代の1243(寛元元)年といわれている光明寺。境内の回廊から眺められる約300株のハスの見ごろに合わせ、観蓮会が開かれている。

 この日は、抹茶やお茶菓子が振る舞われたり、ハスの葉に日本酒を注ぎ、茎の切り口から飲む「象鼻杯(ぞうびはい)」が行われたり。参拝客は夏の盛りの中で、一服の涼を楽しんでいた。

 夕刻にはちょうちんに明かりをともし、先祖や海での犠牲者の霊を弔う献灯会法要も行われた。
posted by ちーず。 at 00:00 | TrackBack(0) | 鎌倉市

2009年07月25日

はしご車に子どもら大興奮/鎌倉で体験乗車

 子どもたちがはしご車に体験乗車するイベントが25日、鎌倉市由比ガ浜の鎌倉消防署で開かれた。3階建ての庁舎をしのぐ高さまではしごが伸ばされ、子どもたちも大興奮していた。

 同消防署の恒例行事「消防ふれあい広場」の一環。消防業務を理解してもらう目的で開かれている。

 用意されたはしご車は、最大37メートルまではしごが伸びる、鎌倉市一の大型車。子どもたちは怖がるそぶりもみせず「楽しい」などとはしゃぎながら、周囲に高い建物がない鎌倉ならではの大パノラマを楽しんでいた。

 また、会場では放水体験や消防車両の展示、救助の実演なども実施。普段見る機会のない119番を受診する指令情報課の見学も行われ、約280人の人出でにぎわった。
posted by ちーず。 at 20:00 | TrackBack(0) | 鎌倉市

2009年07月24日

中学生が指南役、児童が絵画や木工製作に挑戦

 地域住民や中学生をアドバイザーに小学生が勉強、絵画、木工に取り組む教室が24日、鎌倉市材木座の材木座公会堂で開かれた。材木座地区社会福祉協議会と市立第一小材木座地区校外委員の共催。

 地域ぐるみで子どもたちを育てようと、2年前から始めた試み。子どもたちに有意義な夏休みを過ごしてもらうことも目的のひとつ。小学生との交流を図ろうと、市立第一中学校の生徒も参加し、子どもたちの取り組みを手助けした。

 今年は22日から3日間の予定で行われ、計約250人の児童が参加。木工では、中学生が隣で見守る中、児童らが金づちでくぎを撃ち込むなど作業に没頭し、机、物入れ、パチンコ台など思い思いの作品づくりに励んでいた。
posted by ちーず。 at 21:00 | TrackBack(0) | 鎌倉市