神奈川県内の過去のニュース記事を集めたブログです。
    神奈川県内で過去にどんな事件・事故、
    または出来事やイベントが起きたのかなどを、
    簡単に検索することができる便利なブログです。

2010年05月05日

45年前に倒れた大銀杏今年も若葉

八幡宮
 海老名市中野の鎮守「八幡宮」の大銀杏(おおいちょう)が今年も芽吹き、若葉の季節を迎えた。樹齢800年ともいわれるご神木で、45年前に倒れたものの枯れ木の樹皮からの枝が成長、今では高さ約10メートルに伸びている。「地域の伝統と文化を受け継ぐ礎」として氏子たちに丁重に管理され、移り変わる地域を見守っている。

 大銀杏は1965年の台風で根が浮き上がって倒れ、拝殿の屋根を破損。氏子らによって引き起こされたが、幹の一部を残して枯れてしまったという。しかし、枯れ木の樹皮からの枝が成長、現在の幹回りは枯れた部分を含め約8・5メートルになっている。

 氏子の農業清水正存さん(65)によると、95年に樹木医に保存治療や樹勢回復手当てを依頼したところ、樹齢は推定約800年と診断されたという。

 古文書の「鷹倉社寺考」(1659年、寒川神社の神官編著書)では、八幡宮は保元年間(1156〜59年)に「鎌倉鶴岡八幡ヲ勧請スト云フ」とあり、銀杏の周囲は「一丈九尺余リ」(約6メートル)で、「新編相模国風土記稿」(1841年、徳川幕府編さん)でも同様の幹回りが記されている。

 こうした由緒ある大銀杏。中野地区は江戸時代には四十数戸の農村だったが、周囲に住宅が増え、八幡宮の西側では圏央道の建設工事も進んでいる。風景は移り変わっていくが、子どもたちが遊び、人々が憩う境内で、大銀杏は静かに地域を見守り、成長し続けている。ことし3月、鎌倉の鶴岡八幡宮の大銀杏が倒れた。清水さんは「中野の八幡宮の大銀杏とは格が違い、わたしたちがどうのこうの言うことはできないが、再生を願っています」と話している。
posted by ちーず。 at 14:00 | TrackBack(0) | 海老名市

2009年07月24日

相模国分寺風鈴市始まる、涼やかな音色奏で

 海老名市の相模国分寺風鈴市が24日、同市中央のe―CAT(海老名駅東口企業送迎車両ターミナル)で始まった。駅周辺の商業活性化と、季節感を味わってもらう催しで、今年で7回目。会場は風鈴が涼やかな音色を奏で、夏本番を演出している。25日まで。

 会場の露店には、全国18県から取り寄せたガラスや鋳物などの多彩な風鈴400種類がつり下げられ、訪れた人たちは涼やか音色につられ、かわいらしい金魚などの絵に見とれていた。風鈴は一つ300円から1万円で販売される。

 また季節感あふれる朝顔とホオズキの鉢植えも展示され、1200円〜2000円で販売。先着200人を対象に実費600円で風鈴絵付けが体験できるコーナーもある。

 25日は、姉妹都市・宮城県白石市の観光物産展も開催される。午後1時から同7時まで。会場は海老名駅東口から相鉄線沿いに徒歩5分。駐車場はない。
posted by ちーず。 at 19:00 | TrackBack(0) | 海老名市